ページ

2021年11月13日土曜日

やばいOpen access 級 またしても”Kindle unlimited1か月99円 2か月 キャンペーン”

 本当は、以前に書いた”Kindle unlimited1か月99円 2か月 キャンペーン”の結果でも伝えようかと思っていた(この2か月は半端なく忙しく残り2週で駆け込みおよそ30冊程度読破)が、標記の結論になってしまった。

どういうことかというと(余談:このフレーズは小学校のとき字数稼ぐ名フレーズだと思っていた)、8月のこのキャンペーンにはいり、10月になり2か月経った時点で、このサービスから一旦中止にしていたのに、今月このフレーズで検索すると、今月もこのキャンペーンやっていて、クリックするとまたこのキャンペーンにはいってしまっていた。また2か月間!なるべく多くKindleUnlimitedの本を読むはめになっている。当初喜んでいたが、実際はどうだろう。

KindleUnlimitedに該当する本は、以前は、一般書籍で売れている本が電子書籍化されるようになり、多くの人がほくそ笑んだと思うが、今やだれでも出版できるKDP(キンドルダイレクトパブリッシング)からの本が多い気がする。そうすると、これしか読まない読者層は、質の高い(かもしれない)通常書籍にふれる機会はなくなってしまうのではないかと危惧した。つまり、これは論文でいうところOpenAcess(OA)の論文しか読まない状況となんら変わらない気がしてきた。

くそ忙しい昨今、OAで読めない論文を取り寄せて読まないといけない研究者層(お金が潤沢なアカデミアにいない状況)では、Referenceは、当然OAものが増える。OAものの論文は全部とは言わないが、著者に負担してもらうシステムなので、採択が比較的緩い傾向がありそうで、デフォルトではOAでない雑誌のクオリティに達していない可能性がある。それしか読まない圏内の研究グループ(というか読めない)とそうでないグループの分断が当然起きそうな状況になっていると愚考する。

研究という概念が人によって変わりそうな危機感が、読書というごく一般的な行為でも人によって全く違う話になりそうな気がした。

2021年11月12日金曜日

所得960万の壁から知る我が国の所得状況

 全国の子供に一律に!とか選挙でうたっていたのに、選挙が終わったあとに線引きをする。標記の件の話。多くの医師が、医師専用SNSでぼやいているが、自分も同じ気持ちでした。

選挙前にこの事実がわかったら選挙結果も変わっていただろうと唱える人もいたけど、おそらくほとんどかわらない結果になる予想がたつデータがありました。


これは、厚労省の統計白書から発見できるものです。”所得金額階級別に相対度数分布をみると、「200~300万円未満」が 13.9%、「300~400万円未満」が 13.3%と多くなっている。中央値は 427万円であり、平均所得金額(547万5千円)以下の割合は 61.3%となっている。” 

これ、世帯主でなく世帯別なのです。おそらくこの分布から推測するに、標記の結果になって”チッキショー”とか思っている層は、ごくわずかだということがわかります。一番多い層が、”200-300万”なのに、平均が547万で、中央値が427万。上位数%いやもっといえば0.数%の人のおかげで不均衡なグラフになっていることが、このグラフをみて思います。

そして、さらにお伝えしたいことは、これ平成21年、今から10年以上まえの結果なのです。Webですぐ見ることができるものですが、一番直近は、PDF化され、Web上ではみられません。つまり、一段階みにくくしているように思えて仕方がありません。それでその結果といいますと、以下。

原文そのまま引用しますが、「所得金額階級別世帯数の相対度数分布をみると、「100~200 万円未満」及び「200~300万円未満」が 13.7%、「300~400 万円未満」が 13.6%と多くなっている。中央値(所得を低いものから高いものへと順に並べて2等分する境界値)は 423 万円であり、平均所得金額(551 万 6 千円)以下の割合は 62.4%となっている。」となっています。

見比べる必要もなく、文章だけでやばい気がしました。10年前の記載になかった、「100~200 万円未満」が台頭してきています。そして中央値は少し減なのに、平均年収はその幅より増ということで、さらに差が顕著になっていることがわかります。

世帯主が950万で、パートナーも950万だったら、1900万なのにもらえる、とかいう推測を書いている方もおりましたが、いるかもしれないけど、可能性は少ない気がしてなりません。

腹をたてている場合でない、やばい日本の現状をお伝えしました。






2021年11月9日火曜日

Google Scholarで得られる研究メトリクス 「i10index」

 いいですねぇ。今月公ないし対外的に晒す機会は、個人的なもの以外全くありません。 やっぱり走り続けるってのも限界があります(フィジカル的には、コロナ禍から始めた毎日5Km走る、は続けていますが)。

このブログの最近のヒット記事は、”教授になるための次なる指標 h-index とは” になってきました。でもそこで紹介しているh-index調べるサイト、最近やってみると、海外での研究活動が評価(?)されてか、所属先がその海外先になってしまっていて、使う気がダウンしていました。

そんな時GoogleScholarでも同様のことができることがわかりました。Google Scholarにした後、自分の名前を検索、”Profile”というところをクリックすれば、自分の名前での一覧表が表示されます。

h-indexこれだと少し上がっていました(ほくそ笑む)。さらにもう一個i10-indexというものも知りました。自分の論文が10回以上引用されている論文の数だそうです。



2021年9月1日水曜日

医師の出張戦略 14, AAOS 2021 SD ワクチパポ、イケました!


無事 会場につきました。 久々のサンディエゴコンベンションセンターです。


すぐにワクチン接種したかのチェックされる入り口があり、


ここで初めて用意したパスポートを見せました! 日にちと、何を打ったか。

確認ができ、中に入ることができ無事チェックイン。




いつもだったらこみこみですが、がらがらのチェックイン。




バッジをもらい、手続き終了。いつもより簡素なバッグです。

いろいろ講演を聞き、もう帰ろうかと思った時に、日本人の先生に遭遇しました。


我ながら超運がいいと思います。




 



 

2021年8月31日火曜日

医師の出張戦略 13, AAOS 2021 SDプレ速報 一番活躍大学は?

 ようやく時差ボケもとれてきたのですが、今週末に帰国です。ちょうど滞在近くでAAOSが開催されることになっているので、そこまでの日にちを確保していたわけですが、今の研究施設にレギュラーで行く最終日と勝手にさせてもらい(おいおい)、明日からAAOSに行きます。


その前にようやくFinal Program確認しました。ざっくりとしかカウントしていないのでなんともいえませんし、Oralは全部をおそらく拾い切れていないと思いますが、ポスターメインはいつもの傾向で、ポスターとオーラルの合計は、どうでしょう、30件くらいでしょうか?日本の整形外科医師の発表は。


なかでも怒涛の勢いで発表されている金沢大学、合計で10件を超えています。素晴らしいです。

他、2件以上では、北海道大学、大阪大学、大阪市立大学、千葉大学など発見できました。

========

(続報)

結局Oralちまちま見直し、加えますと

15件近い 金沢大学      金メダル

10件に近い 北海道大学    銀メダル

3件はあった 大阪市立大学   銅メダル

と勝手にさせてもらいました(眠気眼でやっているので精度低い)。

================

明日の懸念事項は、学会会場に入れるかどうかですね。悲願で作製されたワクチパポ効果あるのでしょうか?

他、偶然お知り合い先生発見できましたが、やっぱり参加はしないということでした。海外発表したという記録は残りますけどね。サンディエゴに来れる来れないは、(観光の観点からは)随分大きいですよね。 大変な時代になったものです。


ちなみに私がAAOSで来たのは、15年ほど前のが初めてでした。例年は3月頃だったので、

少し寒いようなときもありましたが、空気さわやかで、20分くらい歩いて学会会場に行くという非常に健康的な参加をしたことを思い出します。あの時、今のように毎年来れるとは予想できていなかったので、将来予想などしてる場合でなく、今を充実させないと、とは思います。


まだ前日なので、行けていないので、サンディエゴで撮影した、全く関係ない写真を載せて本日は終わりたいと思います(先週この近くのレストランで、ごちそうになりました)。





どこが出張戦略か?といえば、この学会は、世界的にも超有名、直接行く価値が絶対ありますと、上司、職場を説得できていたら超すごい、戦略的にこの出張は大成功となります。
そんな先生に逢えたらと思います。


 

2021年8月17日火曜日

読書の夏!?  もうすぐ終わりKindle unlimited1か月99円 2か月 キャンペーン

 標記のとおり。 今は、くそ忙しくて読めないけど、2か月99円キャンペーン、予定通り期限ぎりぎりに申し込みました!


ちょうど終わる10月中旬は今より、暇な収穫の時期と信じています。 とするとやっぱり読書の秋なのかもしれません。




キャンペーンサイトは、おそらく見つけるの結構難しいです。


ホリエモンとかも読めるのなら、いいかもしれません。(ただ今、見つけただけですけど)


2021年8月12日木曜日

ワクチパポ (今勝手に略語作った = ワクチンパスポート)の現状 USA. CAでの現状 医師の出張戦略13

 前回に引き続き、出張戦略関連(単に現地リポート)です。 

あれから、いろんな方に聞かれたのでよくわからない状況のまま、もうすぐ自己隔離期間が終わります。

米国CDCの記事で、ワクチン受けたかどうかで分かれる記載になってきています。

ココ

海外出国前に受けておきつつ、3-5日後にはPCR検査をうけることが推奨されています。

受けなかった場合、これがよくわからないです。先日、こちらに滞在の方をお話させてもらいましたが、もうPCR検査を受けていない、週末帰国して仕事に復帰していると言っていました(日本帰国も少しずつ対応が変わってきている話も聞けました)。

ワクチン受けなかった場合についての記載が、今まで書かれていた表記で、

Get tested with a viral test 3-5 days after travel AND stay home and self-quarantine for a full 7 days after travel.

Even if you test negative, stay home and self-quarantine for the full 7 days.

If your test is positive, isolate yourself to protect others from getting infected.

If you don’t get tested, stay home and self-quarantine for 10 days after travel.

というのがあるので、それに準じた感じです。

そして、ワクチパポを見せる機会は、今のところありません。


一応、海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(8月11日現在)というのは政府、外務省で発表しています(ココ)。

米国はないですね。でも、この滞在期間中にAAOSに行く予定なので、そこで効果が発揮できるといいなと思います。

(余談:8月5日に書式が変更とあります。どこに違いがあるかわかりませんが、

その前に発行してもらったのは、激レアかも。最初のところの名前のところかな。

別名とか書かれています。ココ


先ほどの方の話をきくと、最近ようやくお店の中でも食べられるようになってきたとのことです(今までテラスのみOKだったとか)。

そこのロコモコ