ページ

2019年12月29日日曜日

論文作成 進捗 第29週 ワイヤレス 超音波装置はいかが? 運動器用

「OOさん

はむりくり今月まで取り組んでいた論文
修了させるべく、
共著者にメールしました。
次回からまた別の論文作成していくことにします。」

寸評:
この週の報告は全然だな。でも毎週なにか進めていくっていう習慣があるだけましか。

タイトルの”超音波装置のコモディティ化”は、たまたま
別の整形外科医の先生のブログ記事を拝見したからですが。

自分も”とっくの昔”(よく使う、使われるフレーズだが、実際はそんな昔でないこと
が多い。今回の場合もたしか2018年はじめだったと思う。)にポータブル超音波装置
をもっている。しかも、自分のスマホにワイヤレスでつなぐ奴だ。

2019年12月22日日曜日

論文作成進捗 28週 

予想通りOOOの学会の抄録投稿のみで終わってしまいました。
でもたったの200語なので、これでひーひー言っている場合ではない。
といいつつ真面目に時間割いたのは実際1日で、
この計算だとやっぱり1か月で1本はかけないといけないのだよなと自覚します。

単に名誉狙いで、OOOOO財団というところの申請
最後のチャレンジだったので年末申請。一次通過した。
このため、東京に面接にいかないといけなくなった。
その際に、研修先で発表するであろうスライド作れ、
事前に審査官に送るので締め切りは1月末。
もう最悪だ。でもなんとか乗り切ります。

寸評:
この頃ひーひー言っているらしいが、
今よりましだな。
忙しさの調節をするコツは、常勤で忙しい状況ではまず改善がないことだと思う。
ものすごく少なくしておいて、自分がいなくてもまわるようにしておいて
プロジェクト単位で、非常勤でやりたいことをもらってくる
感じがいいと思う。でも取捨選択の判断は金銭も絡めてもいい気がする。

しらない会にいっては、ネットワークを広げていく、でも
セミナージプシーみたいにならないようにお金にならない、最終的にも
ならない仕事は、はずしてもいい気がする。

ふと振り返るともう年末で、来年は温めている自分プロジェクトを
実行に移したいと思う。



2019年12月16日月曜日

論文作成進捗 第27週 Self-funded Visiting Scholar Application

この第27週当時結構忙しくしていたようだったが、現時点でも忙しい。
やっぱり時期的に年末は色々仕事が重なるとか、なんとか月末までに終えたい
とかの総決算な気がします。

タイトルにあるのは、この当時も現在もですが、時々俺お金あるからそちらで
しばらく(数か月)研修させてくれないだろうか?という Made in C●●●a
でおなじみの国からの申請のメールのことです。そのままタイトルを使用しています。

あー日本人のアメリカの施設への無謀なアプライなどの話は、これと一緒かも
しれんなとか思うので、印象が全くいいわけではないが、自分も同じようなことを
している立場としては、一応話は聞く態度をとるのだが、いかんせんおそらく向う
も返事があった施設で優先順位をつけていると思うので、今のところ
うまくいかない可能性がある。

この当時の件と比較して、今回の場合は、こちらからの返事に一応返事が来た状況だ。
が、論文は10年目くらいで3つ。まぁ来てくれても思い出づくりかもしれない。

2019年12月8日日曜日

論文作成 進捗 第26週 デジタルマーケッター松原潤一氏のセミナーに行った

oo氏遅くなってすいません。もうまとめのあたりにはいっていたのですが、結構関連文献が出ていることをしり、少し考察内容の修正をしないことがわかり、それらの文献を読むことで今週はタイムアウトでした。

昨日ひさびさ関節鏡手術しました。
慣れてしまったxxxxxxの手術と比べて意義深い。△△△△△のレベルにはたどり着けないけど、

やっぱり人を直す行為をなくしたくないと

2019年12月1日日曜日

論文作成 進捗 第25週 研究費総額獲得1億超え

あけましておめでとう。無事アメリカでしょうか?
餅食ったか?(注釈:この論文作成の記事は、現実より11か月ほど前の記事なので
季節感まったくありません。もしタイムリーにメーリングリストに加わりたい
場合ご連絡ください。)

結局MMを増やすことに終始で今週は終わった。

768 →903 words

少し様になってきたか

あとはDiscussionを見なおしいるのと、
やっぱりTable加えようと思いはじめています。

> 昨日、大型研究費を獲得できました!うれし泣きしたほど。
> これはまた来週にでも報告します。
去年のこれは、
今年度から見直しされた科研費で、
平成o年度の国際OOOOOO基金(OOOO研究強化)
っていうやつ。
無理くりいろんな人を巻き込み申請にこぎつけたのが5月。
11月に不採用。でも
12月の月末に補正予算が国会を通って
追加採択されたのでした。
確率10%くらい
5年でOOOOマン!
これで時々月1か2か月に1回、1週間ぐらいOOOO(海外)に滞在することに
使ってもいいお金なのでした。
なので向う5年は真面目にやっていこうかと思いました。

寸評:このおかげで、生涯獲得研究費の総額は、4500万を超えたと思う。
   

2019年11月25日月曜日

論文作成 進捗 第24週 研究も営業力次第? KOL戦略

テンポラリーな記事と一日ちがいになったので1日ずらし。

OO氏

24週!半年たったかな?実感ない。
今週Finishしたかったけど、できませんでした。
今回の論文の今の問題は、焦っているのか文字数が各パートで
少ないこと。
先日久々投稿したとき思い出したのが、
およそダブルスペースのワードの原稿にしたとき
20頁は超えていたのですが、今回はまだ16ページ程度。
これはあかんなと思い、全体的なみなおしをして
わかりにくいところを足していく感じにして、

今回なんとかIntroは

247 words →345 words
でクリアかな。

年末までまだあるから、その辺をやります。

頑張りましょう、といいつつ今忙しいのだろうなと想像します。

昨日、大型研究費を獲得できました!うれし泣きしたほど。
これはまた来週にでも報告します。

では!


寸評:よくわからないタイトルですが、最近は、結局ここに帰着することを
うすうす感じている。
いい記事だったら買われるということも、
いいものだったら売れるということも、半分以上(本当は8-9割以上)間違いであると
思う。
残念ながら影響力のある人を味方につけられるかどうかなのではないか と。

この大型研究費、取ろうと思ったのは単なる思いつきでしかない。通常1人で申請する
研究助成と違い、3-5人の編成で組むよう求められていたので、興味を持ってくれる先生方に
声をかけた。申請時点では一個も共同での成果はない状況だったが、申請時点で共同チームに
加わってもらうことで、結局業績点が稼げるようになったことが大きく影響しているような
気がした。

昔、コンプライアンスだとかうるさくない時期に、自分の上司を接待に誘い、ついでに
連れて行ってもらったことがある。接待をうけた上司も受けた会社のほうを受けなかった会社の
ほうより製品を多く使うに決まっている。これは癒着だぁとか若い時は思っていたけど、当然
考えないといけない戦略であることを知った。自分もなにかしたかったらそういう人と仲良く
やっていく方法を積極的にしないといけないみたい。

今年になって下記のような書籍があることを知った。すごい!こんな本があるなんて。

が、どこを探しても購入できない。廃版になってそうだった。46000円。
出版社のサイトでも検索できない代物。

しかし、ほどなくして読むことができたのでした!
今後は、こういった営業力を磨いていく必要があると思いました。

(希望者がいれば、有料読書会を企画したいと思います。ご連絡お待ちしております)











2019年11月23日土曜日

雑誌特集:ヨウツウ、膝痛、関節痛(重複があるぞ)


ちょっと前に発行された雑誌で面白い特集があったので
取り上げてみようと思ったのが、標記の題目です。
PRESIDENT”の。重複というのは、膝痛と関節痛です。


尊敬する“整形外科医ブログ“の先生も本日取り上げておりました!!
が、別の会社のでした。週刊ダイヤモンドの
「腰痛、膝痛、肩痛 医師が教える治療法 整骨院の裏側」

週刊ダイヤモンド 2019年 11/16号 [雑誌] (腰痛・膝痛・肩痛 医師が教える治療法と整骨院の裏側)
ほぼ同時期でテーマがだだかぶりです。


特集になるほど多くの人が興味のあるところなのでしょう。
“行ってはいけない施術所の見分け方“とか、症状によって
タイプをわけるようなことも書いてありました。
どこのマッサージチェーン店がいいのか等の評価も載っていました。

もう一回表紙をみると、