ページ

2018年10月10日水曜日

学会活動でfanfareはならせるか 信用をためてどこに活用するか

 やりました。本日12時締め切りとなる、ある学会に2演題投稿しました。
1時間半で2つ。学会発表は、自分の中ではこれほどまでにお祭り的な存在になってしまいました。ほとんどの皆さんが、やってみたStudyの応酬です。前回の続きではありませんが、ほとんどの報告が英語論文にならないでしょう。でも敷居が低いのでいろんな価値があるのではないかと思います。

Preliminaryな研究について意見がもらえる。
Preliminaryな研究であっても、そこそこの分野で活躍している人として扱ってもらえる。
いや単に出張戦略の1つ、のためかもしれません。

おそらくきちんとした研究をしている先生については、信用が獲得されるのでしょう。一方、いい加減なデザインであれば、信用がた落ち、批判でおわるかもしれません。でも、この信用、どこに使われるのでしょうか?きっと講演によばれたり、共同執筆の誘いだったりの機会になるのでしょうか? 新たな研究演題へのモチベーションでしょうか?

先日の地道作戦の話、栢野 克己氏の説く「小さな会社の稼ぐ技術」と打って変わって、空中戦を進める、西野 亮廣氏の「革命のファンファーレ(自分も以前紹介した)」でもどっちも信用がキーとなることは確認した。だけど医師の学会活動による信用は、どこで利益になるのかを考えると、やっぱり直結しないような気がしました。導線の引き方が問題なのかもしれませんが。
そこで、今回は、あえて自分が開発した商品を、そのまま学会で報告したらどうなるかな?とかいうことで演題を投稿しました。どんなリアクションがあるかの前に、採択されるかが課題ではあります。




2018年10月8日月曜日

あえて言う。PubMedに載らない報告の情報は、新知見という観点では意味が薄い。

 先日、学生に学会発表させる機会を作りました。今まで一度もタッチしたことのない分野で、とりあえず情報収集して、関連の書籍を集め、という作業をし、一応1年で何とか発表できる状態にした、という感じです。嬉しい反面、新しく専門分野作るのは面倒ですし、中小企業の戦略とは真逆であるとは認識しています(往々にしてそうしがちなのですが)。



 その際に、自分の出発点として、今まで明らかになっていないことで、今後の臨床に活かせるかもしれない仮説があたっているかどうかの検証なので、当然今まで調べられていないかどうかをPubMedでは調べます。ですが、そこから、英語論文がないからといって、日本語での報告ないかなぁとはあまり調べません。
 それは一応海外にもっていってもいい(海外で発表できるものかどうか)かどうかがキーだからです。
 ある先生からは、英語論文がないからと言って日本語での報告があるかどうかしらべな
いのは、うんぬんかんぬん、言われましたが、上記理由からですよ、先生。時間は有限で

2018年10月2日火曜日

一粒で二度おいしい出張戦略(医師の出張戦略⑪)海外にいる母校卒の先生に会ってきました!

 先日海外出張の際にかねてからお会いしたかった母校卒の先生に会ってきました。コーディネートしてくれた先生に感謝いたします。

 新しいことをしようとするときには、結局手探り作戦しかなく、していることの多くが無駄におわりそうで、とてもストレスに感じることがあります。そんな状況の時には、すでにそういったことを何度も乗り越えているであろう、メンタークラスの先生に会ってもらい、話きいてもらうっていうのがいいように思います。

 が、外国在住の先生に会いにいくってのは、それだけの用事で行くのがなかなか難しい。でも母校の先生という、自分としては、同じ境遇にいたとかよくわからない親近感の基、あー会ってお話してみたいと思っていました。そこで考えたのが、トランジット戦略です。単に一旦途中降機してそこに寄るっていうだけなのですが、今まであまりそんなこと考えておりませんでした。目的地に行って用が済んだら帰国するっていうのが普通です。でも航空券を購入するときに、以下のように

2018年9月23日日曜日

意匠願い から半年後 拒絶通知来ました。 ”ないし”という言葉はあかんらしい

以前意匠を書いた話しました。

医師の副業 ものづくり的活動 ① 意匠でもとってみるかな



図面書くだけだし、いいだろうと思ったら、登録商標のときのように拒絶通知が。

今回は、本当しょうもないもので、カメラの雲台というか台座になりそうなものを作って、それについて意匠を出したかったから、そのまま

「カメラの雲台ないし台座」

というものにしたところ、あかんって。連絡がきました。中身からして、”雲台”で
いいのではないかというコメントがあったので、意見書、手続き補正書を書いて提出。

これも不備があって電話があったのですが、今回だけ特別直しておきますっていう感じでした。

時間を考えると 弁理士さんになるのでしょうが、
値段、経験値で考えると、自分で、ということで、やっています。

といいますか、べつに”ないし”ぐらいいいんじゃないですか?特許庁長官。

(後日談 ①)
この原稿を書いた後、上述の記事を引用されているのを知りました!(あー)
意匠権をとってみたい

先生ーって感じです。 手術の器具を目指されているのと、自分のとはレベルがちがうんですけどー。という気がして、コメントは控えておりました。もうしわけありません。
図面を基にアウトソーシングできればきっと自分の商品としてハンドリングできるとおもうので、頑張ってほしいなぁと思いました。

(後日談 ②)
しばらくぶりに帰国してみると、もう一個別の申請の(何個出すのか?今のところこれで最後です)拒絶通知来てました。あー

しかし、どうでもいいことですが、この”拒絶”っていう言葉。
強烈ですよね。今までの人生でほぼ言われない言葉な気がします。恋愛、結婚等。
もう少しマイルドな言葉ないんですかね。論文のRejectっていうのも、余韻残すフレーズだと思います。濁音があかんのか。

でも、論文と違い、特許、意匠、商標の申請の拒絶理由は、文面はマイルドで、されにどうかけばいいかの説明もとても親切です。もちろんそれは、別に親切な人がやっているからというわけでなく、最終的に登録ということになって、登録料をはらう”カモ”だからだと思うのですが。やりとりをしているときは、いったん忘れて、あーなんて親切な回答なんだ、というところでとどめておいた方がいいと思います。

2018年9月16日日曜日

「やんちゃな先生ですね」と言われた件 航空券は航空会社から購入が吉

社会人になって結構年数が経つのに、標記のようについこの間言われました。ははは。

いつも手術に入る日だったのに、出張が迫ってきたので、特別に手術終わった後、特診として時間枠を設けて患者さんを呼んでおきながら、パーッと忘れて帰ってしまってました。

昨今の日本の災害は、ひどいことが多く、幸い自分の家は問題なかったのですが、空港がダウンして、にっちもさっちもで、数日後に控えた出張がどうなるのか気がかりでした。
同僚の先生からのうわさでは、手数料をいくらか払えば変更は容易っていう話でしたが、大学で稟議あげて予算確保している場合、いきなり手数料アップの追加は、事実上不可能です。

そんなことを考えていて、手術終わったら、大学の事務に相談しないと...。とか考えているうちに上記のようなポカミス。大学ついて、いろいろ相談した結果、ケースがケースですので、なんとか修正変更して出張可能なら追加稟議はあとでもいい、という話をもらい変更の手続きをしました。運よく、手数料なしで、別の空港から飛ぶように変更しました。よかったぁと思ったのもつかの間、電話がなり、あーーー忘れていたということになりました。
とりあえず、用事で外出(うそではない)していて、それが時間がかかり(これも嘘ではない)、予定より少し遅れる話をして、病院にもどることに。 患者応対して頂いた事務方の方から標記の言葉を頂きました。

やんちゃ
 「やんちゃとは、子どもが大人の言うことをきかず、いたずらをしたり、わがままを言ったりすること。つまり、ごくあたりまえの子どもの状態。その状態のまま身体だけ成長した人々のことも、近年では同じ言葉で表現するが、それも成人して社会にうまくとけこんだ人に限って、若い頃を振り返って「やんちゃだった」という資格があるのであって..」

つまり後者ではあります。

10年くらいに一回のポカミスです(前回もバイトの代行を請け負い、昼まで爆睡していたことあり)。 猛省しております。

Take home messageとしては、
「航空会社からの購入であった場合、天災のための変更はいささか融通を聞いてくれる印象です」だけです。


2018年8月21日火曜日

登録商標獲得! 医師の副業23 英語論文作成同様の気持ちに

やりました!

昨年作りました法人名の登録商標を獲得しました。しかも弁理士なしの初挑戦。パーッと調べると、結構簡単に自分でできるというサイトもあったりして、見様見マネで作成したのですが、結構やりなおしをさせられました。感触で言いますと、論文のRevisionより超ねっちこいです。

提出開始は昨年の7月。希望の党を掲げる前に商標とっていた話の時期と被り、俺もついに”小池百合子”扱いか(特にどういう意味でもありません)、と思ったのもつかの間、結構待たされます。半年くらい。これも英語論文投稿となんら変わりありません。

そしてついにレスポンスがあったかと思ったら、やっぱりの拒絶通知。が、対応して頂いた特許庁の方は、結構親切でこんな感じに修正してください。という感じに書いてあったが、そもそも修正の仕方を知らないのでした。

なので、適当に修正した書類を持って、弁理士無料相談に行きました(結構定期的にやっているようです)。自分より比較的若い方に、「そうそう、、」などため口を聞かれ、しかし、無料で回答にたどり着きたい思いがあるので、ぐっとがまん。

2018年8月16日木曜日

ゆるい!面白い元医師のブログ 医師の副業22

 知り合いでもなんでもないけど、面白いブログ見つけました。

隠居系元医師の人生逃げ切りブログ

まぁ、これが”整形外科医のゆるいブログ”先生のおっしゃっているような女性医師の成功の仕方かもしれないなと思います。

隠居してカナダで抹茶立てていられたら

それはそれでハッピーだと思います。キャリアを考えるにはいい記事が結構あると思います。
以下は、格言だと思います。

私たちは、それほど好きでないことをやり続けるほど暇でない